社会資源

歴史

市の中心地盛町は、「延喜式」に佐倉里と見える歴史の古い地で、その後佐狩郡田茂山村と称し、葛西氏の家臣千葉氏が統治し、小城下町として栄え、明治期以降は気仙地方の行政・文化の中心地となった。
隣接する住田町の今出山では砂金がとれ、金山にまつわる「稲子沢長者」という話が伝えられている。

【漁村としての歴史】
江戸時代には、三陸の漁村地域から多くの人々が、船頭、水主、漁業労働者として蝦夷地まで出かけていた。東北地方の漁業が発達するのは、江戸時代中期以降とされる。
漁業がある程度発達した段階になると、村ごとに沿岸漁業を排他独占的に利用する地先村持漁場が成立する。東北地方の漁業の発達は比較的に遅かったとされ、大船渡湾周辺地域は消費市場から離れていたにも関わらず、早くから漁業活動に進出して地先村持漁場が成立していたことが注目されている。

道路、交通

【道路】

・三陸縦貫自動車道
宮城県仙台市の常磐自動車道(仙台東部道路)を起点とし、岩手県釜石市で東北横断自動車道釜石秋田線(釜石自動車道)と連絡し、岩手県宮古市に至る高規格幹線道路
・東浜街道・浜街道
仙台市を起点に、太平洋沿岸を経て青森に至る国道。
・盛街道
市内盛から水沢市に至る主要地方道で、水沢人首住田線として重要視される道路。世田米から陸前高田市に入る高田街道と、遠野市に至る世田米街道に分かれている。

【鉄道】

・JR東日本大船渡線
・三陸鉄道
・岩手開発鉄道(貨物専用鉄道)

人材

・千田仁兵衛(三陸町綾里)
中世的な土豪の系譜をひく草分け百姓として、近世の初頭から綾里地方で大きな勢力を持っていた。海産物流通に介入し、付近一帯の海産物を集荷する商人として活動を始め、廻船問屋として台頭。江戸をはじめとする関東地方との隔地間取引に従事するようになり、海産物登( のぼ)せ商人として財をなした。

教育、福祉

平成26 年現在、市内に高校3、中学校8、小学校12、特別支援学校1 の学校がある。1100 席の大ホールを有する市民文化会館・市立図書館(愛称リアスホール)を持つ

遺跡

・樋口沢ゴトランド紀層(国天然記念物)
盛川の支流、樋口沢沿いの山にあるゴトランド紀の化石を含む石灰岩の地層。日本最古の地層で、この発見以来、国内の古生層に関する研究が発展した。
・蛸の浦貝塚(国指定史跡)
大船渡湾の東側に位置する県内にある唯一の大型貝塚。貝層は縄文前期末から中期末にかけて堆積したもので、純貝層(アサリ、ヒメシラトリガイ)や魚骨層(マイワシ、サバ、ブリなど)も認められた。
・大洞貝塚(国指定史跡)
縄文時代後期の標式遺跡として知られる。
・長谷堂貝塚
日頃市町の長谷寺の西方にあり、縄文時代から弥生時代の住居跡が発見されており、土器・石器・骨角牙貝製品などの出土品も多い。

伝統芸能、年中行事

・吉浜のスネカ(国・重要無形民俗文化財)
三陸町の吉浜地区に伝承されている豊作と子どもの成長を願う小正月の行事。毎寒い冬に囲炉裏にあたり続ける怠け者の子どもにできたヒガタ(軽い火傷)を皮ごと剥がすことに由来して、スネカワタクリ(脛皮たくり)、スネカと呼ばれる。
スネカとは、奇怪なもの、得体の知れないものであり、小正月の夜に山から里にやって来るものと考えられている。また、スネカは精霊であるともいわれ、里に春を告げ、その年の五穀豊穣や豊漁を人びとにもたらす存在とも考えられている。スネカが身に着ける俵は豊作、アワビは豊漁を意味しているといわれている。
・佐野契約会入会式(赤崎町)
江戸時代から続く地域の契約講の入会式。数え年17 歳の少年男女が宣誓書を読み上げ、杯を飲み干す。
・ウダイコミ(吉浜千歳地区)
地域の子どもたちが干しスルメをつけた笹竹と漁船から借りた大漁旗や船名旗を持って大海津見神社に参拝し、大漁を祈願する。その後、海に笹を投げ込み、地域の家々を門付けしてまわる。
・その他
剣舞、鹿踊り、虎舞、権現様、七福神、曲録などが各地区で伝承されている。

工芸、技術

・手彫り
郷土芸能、権現様、鹿頭、虎舞、剣舞面など手彫の品
・気仙大工
伝統技法による建築

気仙地区(大船渡市・陸前高田市・住田町)を中心とした大工集団で、民家の建築はもちろん、寺院造営、建具づくり、細工までもこなす多能な集団。藩政時代から「南行き」と称した出稼ぎをしていたと思われるが、明治期の東北本線の開通以来、関東地方や北海道など、出稼ぎ範囲が広がった。
長安寺山門(大船渡市)や普門寺三重塔(陸前高田市)などの寺院建築、宮城県登米市の登米高等尋常小学校校舎(国の重要文化財)、宮城県栗原市の有壁本陣(国の史跡)をはじめ、関東大震災後の復興、東京・銀座の歌舞伎座の建築や大阪城天守閣の復元などでも活躍した。(いわての住まいより

※ほか、太鼓、硯、陶器など。

食文化

・「おちつき」(気仙地方)
大船渡市をはじめとする気仙地区に200 年以上前から伝わるおもてなしの習慣。遠方から来た人にもちやうどんなどの簡単な食事を出し「お腹も心もおちつかせてください」という心配りを示すものである。
・ころ柿(気仙地方)
県内で最も温暖な気仙地域で栽培されている種なしの「小枝柿」を原料とした干し柿が「ころ柿」である。ころ柿は、ただ干すだけでなく、一次乾燥後に1日数回行う「柿もみ」、きれいにかたちをそろえる「整形」などのこまめな作業が繰り返される。

言語

・ケセン語
大船渡市の医師、山浦玄嗣が岩手県気仙地方( 陸前高田市・大船渡市・住田町・気仙沼市など)の方言を一箇の言語と見なして与えた名称