ていねいで
やさしい
東北の食

自然とともに綴る東北食物暦

水産物イメージ

水産物

農産物イメージ

農産物

農産物イメージ

畜産物

岩手食物暦

岩手食物マップ
八幡平サーモン 雑穀 ホヤ 畑わさび 松茸 短角牛 山地酪農法 山ぶどう どんぐり 安家地大根 ワカメ わさび 豆 山菜 えごま そば 里芋 馬搬 寒締めほうれん草 サケ 南部一郎かぼちゃ 矢越かぶ アワビ ホタテ サンマ アナゴ イサダ ウニ カキ 戻り鰹

いわて 里山食物暦【根菜】南部一郎 かぼちゃ
 

南部はいわてのこと 奥州の黄金かぼちゃ

「南部」は岩手の総称で、「一郎」は、もともとの種を持っている方が横田一郎さんという方で合わせて、南部一郎というネーミングになりました。
岩手県一関市で生産、収穫をしているのですが、この集落は、中世時代に中尊寺を経済的に支えた村だったということで、中尊寺ゆかりの町です。色が黄金色をしているので、「黄金かぼちゃ」としてアピールしてきましたが、南部一郎かぼちゃとして生産されてからは6~7年です。
冬至はかぼちゃの時期。岩手は厳しい寒さがあり、収穫から出荷まで寒暖の差があるおかげで、甘みが増します。寒締めの冬のかぼちゃとして、スイーツなどにも使えるかぼちゃです。

ページトップへ