おむすび76 原田良一シェフ

投稿日:2015年10月20日 投稿者:sot

第76回原田シェフ_表

 

 

ソウル オブ 東北

チームおむすび  第76回料理教室開催   2015.10.15

 

久しぶりに旧千厩中学校跡地仮設住宅で、おむすび料理教室を行いました!

 

■開催概要

 

1.開催日時:10月15日(木)

 

2.開催場所:旧千厩中学校跡地仮設住宅

 

3.メニュー:気仙沼の味 秋の海の味覚

 

4.講師:レストランあさひや 原田良一シェフ

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

 

こちらでは今まで定期的におむすび料理教室を開催してきましたが、今回の開催は7ヶ月ぶりの開催でした。

入居者の方から原田シェフに直接リクエストがあり開催の運びとなりました。

メニューは「気仙沼の味 秋の海の味覚」をテーマに、洋風サンマdon(丼)、かんたん秋野菜と鮭のクリームスープの2品を作りました。

 

千厩は岩手県一関市にありますが、入居している方は宮城県気仙沼市の方々です。

今回のメニューは原田シェフが入居者の方に気仙沼の味を良い意味で思い出してもらえればと考案して下さいました。

 

 

仮設住宅に到着し、準備をはじめると、開始一時間前にも関わらず参加者の方が現れました。

準備の手伝いに来てくれたのです。

何度も開催しているので、料理教室の流れがよく分かっている方ばかりです。

 

 

76-1

 

 

集まった人数は14人。

前回よりも少なくなりましたが、復興公営住宅ができ、そこへ移る人が増えたということです。

 

3班に分かれて料理教室をはじめました。

料理を作ることよりも人と話す時間を多く作りたいと、原田シェフがサンマの三枚おろしから野菜の切り出しまで、下ごしらえをしてきてくださいました。

 

洋風サンマdonはごはんの上に生野菜のサラダを敷き、サンマフライ、トマトとみりんのソース、タルタルソースをかけて作ります。

ごはんをよそってくれた方の気持ちが大きいのか、気持ち多めの量でした。

 

 

76-2

 

かんたん秋野菜と鮭のクリームスープは、牛乳に茹でて置いた材料を入れます。

一品で秋の野菜がたっぷりとれるスープができあがりました。

 

 

76-3

 

 

 

食事が完成するとテーブルを一つにくっつけて、みんなで食事をしました。

たくさんよそわれたごはんも会話が弾むと、完食してしまいます。

久しぶりに皆さんの笑顔を見ることができ、安心しました。

 

 

76-4

 

 

 

気仙沼市の復興公営住宅が完成しはじめ、千厩にいる方も気仙沼に戻りたいという思いが強くなってきたようです。

今回話を聞くと、来年に仮設住宅を出るという方が多かったです。

今までおむすび料理教室の開催に協力的だった自治会長夫妻も、気仙沼にもどるとのことでした。

公営住宅は、住む人の所得に合わせて家賃が変わりますが、4年後に家賃が割増になります。

引っ越す方はそこも気になるようでした。

 

 

 

 

 

おむすび料理教室後、気仙沼へ視察に向かいました。

気仙沼市内を周ってから、安波山へ移動しました。

高台から見下ろすと、気仙沼の復興状況が良く見えます。

栄えていた場所は以前は気仙沼港付近だったのですが、更に奥まった場所へ移行しました。

以前と同じようにするというのはなかなか難しい状況です。

 

76-5

おむすび75 高橋剛一先生

投稿日:2015年9月11日 投稿者:sot

第75回 高橋先生 表

 

 

ソウル オブ 東北

チームおむすび  第75回料理教室開催   2015.9.5

 

毎年の恒例行事となった小佐野公民館キッズクラブでおむすび料理教室を行いました!

 

■開催概要

 

1.開催日時:9月5日(土)

 

2.開催場所:釜石市小佐野公民館

 

3.メニュー:ぼくもわたしもすし職人「太巻き」づくり

 

4.講師:三陸浜料理・鮨一の〇 高橋剛一先生

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

小佐野公民館では、震災後小学生の子供達を対象に料理教室を行ってきました。

毎年参加してくれる子もいるほどで、公民館の恒例行事となっています。

今回の料理教室は小佐野公民館開催で過去最多の37名の参加でした。

 

講師として協力してくださったのは、盛岡市に三陸浜料理・鮨一の〇をかまえる高橋剛一先生です。

高橋先生は釜石市出身で震災後に釜石を訪れていたこともあり、今回の料理教室も何か協力できることがあればと快く承諾してくださいました。

 

 

今回、子供たちと作るのは「太巻き」です。

最初に高橋先生が子供達の前で一本作って見せました。

「もう一本作って見せようか?」という先生の言葉に子供達は早く作りたくて、「もう作る!」と息巻いていました。

1人一本ずつ太巻きを作り、切るのは難しいので先生に切ってもらいました。

 

 

75-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お待ちかねの試食の時間には、先生が余った食材でジャンボ太巻きを作ってくれました。

それが子供達がじゃんけん大会を始めるほど好評だったので、他にも見た目にもかわいい海苔巻きを作ってくれました。

 

 

 

75-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供達からは、はじめて作ったお寿司がおいしかったことや、先生の明るくたのしい性格が好きになったこと、ガリが辛かったことなど、いろいろ感想をいただきました。

公民館の担当の方からは震災後に比べると子供達が元気が取り戻していると言っていただき、子供達が元気を取り戻すきっかけの一つにおむすび料理教室があったことを嬉しく思いました。

来年は小佐野キッズクラブで何を作るか、今から楽しみです。

おむすび74 狩野シェフ

投稿日:2015年9月3日 投稿者:sot

第74回 狩野 美紀雄 シェフ 表

 

 

ソウル オブ 東北

レストランおむすび開催(第74回チームおむすび)    2015.8.29

 

前回からの新しい試み、レストランおむすびを住田町で開催しました!

 

■開催概要

 

1.開催日時:8月29日(土)

 

2.開催場所:住田町保健福祉センター

 

3.メニュー:魚のエスカベーシュ、鶏ハラミのクラムチャウダースープ、豚肉のソテーカフェドパリ風サラダ添え、フォカッチャ、フルーツコンポート

 

4.講師:ホテルメトロポリタン盛岡 狩野美紀雄シェフ

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社、ホテルメトロポリタン盛岡

 

 

住田町では、本町団地、火石団地の2ヶ所で今までで計10回おむすび料理教室を開催してきました。

回数を重ねるごとに気になったのが、仮設住宅に残る人が少なくなってきていることでした。

そこで、住田町でレストランおむすびを開くことで、仮設住宅に住んでいる人を孤立させないよう、地域づくりを応援したいと思いました。

今回の講師の狩野シェフは今まで本町団地のおむすび料理教室の講師を務めてくださっています。

本町団地からは、わざわざ仕事を休んで今回のレストランおむすびに参加して下さった方もいました。

 

 

住田町の方と今回の企画を打ち合わせたとき、食材から仮設住宅で作るのはどうだろうかと提案して頂きました。

以前、料理用のトマトを仮設住宅のプランターで作っていたこともあるそうです。

住田に住んでいる農家の方と相談して、5種の野菜を育てることになりました。

収獲までの間、天候不順や虫害など、苦労がありながらも収獲できるところまで仮設住宅の方が育ててくれました。

前日の28日には収獲セレモニーと題して、みんなで育てた野菜を収穫しました。

 

 

 

74-1

 

 

 

 

当日は仮設住宅の住民、地域住民が半分半分くらいの参加率となりました。

狩野シェフが、みんなで作った野菜をメインディッシュに添えるサラダとしてメニューを考案して下さいました。

実は、みんなで育てた野菜以外にも参加者の方が当日自分の畑で作っているナスやピーマンなどの野菜を持ってきてくださり、嬉しい悲鳴もありました。

 

参加者はランダムにグループ分けされ、4人1チームで5種の料理を作っていきました。

シェフの指示を聞きながら、料理を進めます。

フォカッチャは今までの料理教室でも作ってきたので、本町団地の方の腕の見せ所となりました。

いつもより品数が多かったですが、おむすび料理教室をいつも参加して下さっているみなさんは手慣れた様子で作っていました。

グループ内で、作る人と洗いものをする人に分かれるなど、仕事を自然に分担して行っており、会終了後の洗い物が驚くほど少なかったです。

 

 

 

75-2

 

 

 

 

食事は隣の部屋に移動しました。

自分達で作った食材が美味しい料理になり、みなさん大満足した様子でした。

豚肉はありすポーク、鶏ハラミは住田フーズを使用しました。

どちらも住田のブランド肉です。

 

 

 

名称未設定-3

 

 

 

 

会が進むにつれチームワークが良くなり、食事も調理と同じグループで食べました。

おいしい料理をおいしく食べるためには人と食べることが大事だと再確認したという感想もいただくことができました。

仮設住宅の方は、次回また野菜を作りたいと意気込んでおり、リベンジを誓ったところでレストランおむすびは終了しました。

 

 

最新情報

アーカイブ

活動リスト

ページトップへ