おむすび79 小野塚武男先生

投稿日:2016年1月22日 投稿者:sot

第79回 小野塚先生_表

 

 

ソウル オブ 東北

チームおむすび  第79回料理教室開催      2015.1.18

 

2016年最初のおむすび料理教室は気仙沼市総合体育館駐車場仮設住宅へ向かいました。

 

■開催概要

 

1.開催日時:1月18日(月)

 

2.開催場所:気仙沼市総合体育館駐車場仮設住宅

 

3.メニュー:「海老チリソース」「豚肉・イカと野菜の春巻」

 

4.講師:小野塚武男先生(お食事処「萬来」)

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

こちらの会場でのおむすび料理教室は10か月ぶりの開催でした。

しかし、この日に限って雪に見舞われてしまいました。

それでも雪の中みなさん集まってきて下さり、いつもは見かけない男性陣の姿もありました。

 

 

講師は一関市のお食事処「萬来」の小野塚先生です。

小野塚先生は以前花と泉の公園のレストランの料理長も務めていた方でもあります。

 

春巻の具材を切る人、エビチリのエビの下ごしらえをする人に分かれて調理をはじめました。

料理上手の女性陣が手際よく具材を切り、男性陣がエビの下ごしらえをします。

海老は背を切ったあと片栗粉をまぶして卵白と混ぜ、それを水洗いするのがプリッとした食感をつくるコツです。

 

 

79-1

 

 

 

春巻は豚肉を入れたもの、イカを入れたものの2種類を作りました。

包む大きさは人それぞれで、ものによっては1.5倍くらい大きい春巻も・・・。

こちらの仮設住宅は特に台所が狭いので、揚げ物をしなくなった方が多いです。

今回の春巻きは、久しぶりの揚げ物ということで、とても喜ばれました。

 

 

79-2

 

 

 

エビチリのエビは下処理のあと油で素揚げしました。

家で作る場合は湯通しでも良いそうです。

にんにく、根生姜、ネギをフライパンで炒め、あらかじめ混ぜた調味料を加えます。

そこにエビを加えるとあっという間に出来上がりました!

 

 

79-3

 

 

残った春巻きの餡はご飯の上にかけ、中華丼風にアレンジしました。

先生が作ったスープも入っている具材は余った野菜でしたが、美味しくできあがりました。

 

 

少し時間が押してしまったので、出来上がるころにはみなさん空腹状態で、ごはんを大盛りに頼んだ方もいました。

春巻は一本一本が大きく、食べごたえ十分です。

春巻を食べながら、これはきっと後でも思い出して笑えるねと楽しそうに食べていました。

 

 

79-4

 

 

 

気仙沼市はだんだんと公営住宅が完成しはじめ、引っ越す方が増えてきました。

しかし、予定よりも工事が進んでいないのが現状で、抽選までして住む土地が決まっているのにまだ着工されていないと、新しい家への入居がいつになるか心配という声もありました。

特に高齢者の方は、早いうちに引っ越しをしたいと考えているそうです。

住居の面では復興はなかなか進んでいません。

チームおむすびも出来ることをしていきたいと思います。

おむすび78 坂東誠シェフ

投稿日:2015年12月24日 投稿者:sot

第78回 坂東誠シェフ 表

 

 

ソウル オブ 東北

チームおむすび  第78回料理教室開催   2015.12.20

 

岩手県住田町火石団地で一足早いクリスマスをお祝いしました。

 

■開催概要

 

1.開催日時:12月20日(火)

 

2.開催場所:住田町火石団地仮設住宅

 

3.メニュー:「フライパンdeローストビーフ」「サフラン香る魚介の本格ブイヤベース」「シンプルヨーグルトムース」

 

4.講師:坂東誠シェフ(プラチナフィッシュ)

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

住田町火石団地で半年ぶりのおむすび料理教室を行いました。

火石団地は当初13世帯が入居していた団地ですが、公営住宅や自力再建で仮設住宅を出ていく人が増え、現在は残り3世帯になりました。

しかし、おむすび料理教室が開催されるとなると、以前の入居者の方も集まってきて、同窓会が開かれます。

今回も、既に引っ越した方が戻ってきてくださいました。

 

 

メニューは坂東シェフがこの日のために考えたクリスマス・スペシャルメニューです。

 

ローストビーフは、家庭でも簡単にできるように、フライパンを使って作りました。

お肉を焼いているとなりでローストビーフに添える野菜を焼きます。

野菜は住田町で農業を営む水野さん(での園)のかぼちゃ、ほうれん草、ねぎを使わせて頂きました。

 

78-1

 

 

 

ブイヤベースは大船渡産の魚介を使います。

今回は、旬のタラ、カレイとシウリ(ムール貝)、イカ、海老を入れました。

魚介からうま味が出て美味しいスープの出来上がりです。

 

78-2

 

 

 

ヨーグルトムースのヨーグルトは前日の晩から水切りしてフレッシュチーズのようにしておきます。

そこに固めに泡立てた生クリームを加えて型にはめ、ブルーベリーソースをかけました。

簡単に手の込んだデザートが作れました。

 

9

 

 

 

料理教室後は、食事をしながら参加者の方と交流会をしました。

久しぶりに仮設住宅に顔を出した方が、今の生活の近況を語ったり、情報交換をしたり、コミュニケーションの場としてたくさんの話をしていきました。

 

78-3

 

 

 

 

料理教室終了後は水野さんの畑「での園」へお邪魔しました。

土が違うと野菜の味がこうも違うのかというくらい、厳しい寒さの中おいしい野菜を作っています。

ほうれん草の茎をたべさせてもらいましたが、甘い味に一同驚きでした。

 

78-4

 

 

 

次回のことで参加者Yさんから、新しい企画の提案がありました。

参加者の方から提案して頂けるのは、初のことなのでとても嬉しく思います。

次に住田町火石団地で開催するのは来年の5月か6月です。

どうぞ、ご期待ください!

おむすび77 原田良一シェフ

投稿日:2015年11月16日 投稿者:sot

test_bg

 

 

ソウル オブ 東北

チームおむすび  第77回料理教室開催   2015.11.10

 

気仙沼港から海を渡り、大島に向かいました。

原田シェフと共に1年4か月ぶりに大島国民休暇村仮設住宅で料理教室を行いました。

 

■開催概要

 

1.開催日時:11月10日(火)

 

2.開催場所:気仙沼大島 国民休暇村仮設住宅

 

3.メニュー:大島の海の恵み

 

4.講師:レストランあさひや 原田良一シェフ

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

 

気仙沼大島は、気仙沼港からフェリーで25分のところにあります。

海あり、山ありの自然がとてもきれいなところです。

 

水産業も有名で、オーナー制度で牡蠣の養殖の復興を遂げたヤマヨ水産があります。

今回はヤマヨ水産から仕入れた、大島産の魚介を使います。

メニューは「大島産カキのグラタンフローレンス風 ヘルシーソース」「大島のムール貝とお魚でかんたんブイヤベース」「海の幸のごはん」「豚のカツレツのイタリア風とお芋のグラタン」「りんごのコンポート」を作りました。

 

 

仮設住宅の方は仲が良く、常に7、8人が集まってお茶をしています。

誰が、何が得意なのか、お互いに分かっているのでフォローし合いながら料理教室を進めました。

 

 

おむすび料理教室は豚のカツレツからスタートしました。

とんかつは作ったことがあってもカツレツは初めてという方が多くいました。

揚げ油の量がとんかつより少なくて済むので、覚えてしまえば普段の料理に生かせます。

 

77-1

 

 

 

 

「カキのグラタン」は、ホワイトソースを長芋と豆腐で作り、カロリーを通常のものよりも1/3にしました

殻をそのまま使ってお皿のようにしてグラタンにします。

フローレンス風というのは、ほうれん草を使うことがポイントなんだそう。

 

772

 

 

 

ブイヤベースには、他の料理を作っている間に出た出汁も入れます。

うま味が詰まった魚の頭やあらはあらかじめ少し焼いてから入れます。

焼くことで臭みがなくなります。

本来サフランを入れるのですが、もっと安くて使いやすいターメリックを入れるのを原田シェフはオススメしてくれました。

 

77-3

 

 

 

海の幸ごはんは、他の料理で使った魚介を少しずつ使って炊き上げ、リンゴのコンポートは原田シェフが作ってきてくれたデザートです。

 

出来上がった料理は外に運んで、青空のもとでみんなで食べました。

箸置きは、料理を見ていた男性陣が作ってくれたものです。

今回は品数が多いので、全部料理が揃ってるか、みんなで声を掛け合っていました。

 

77-4

 

 

 

食事を食べ始めるとみなさん無心に食べていました。

量が多く、最後まで食べ切れなかった方もいましたが、夕飯にまたじっくり食べると今日作った料理を大事に持って帰っていました。

今日のメニューは大島の海の恵みがいっぱいつまったものばかりなので、塩でちょっと味を整えるだけでもとても美味しいメニューでした。

 

 

77-5

 

 

 

 

 

おむすび料理教室終了後は、牡蠣のオーナー制度で震災を乗り越えた、ヤマヨ水産の工場へ見学に行きました。

もともと住宅だったところは、海に近いところにあったため、山の上に新しい家を作り、カキの作業工場に作り直しました。

2011年の震災の1年前、チリ地震の津波の被害に遭い、再び牡蠣を養殖するために助成金をもらったのですが、翌年の東日本大震災でまた養殖場が流されてしまいました。

新たな助成金をもらうことが出来ない状態で、「オーナー制度」という新しい方法を模索し、見事に牡蠣を復活させました。

牡蠣を我々に見せる姿は自慢げで、こちらも応援したくなるような姿でした。

 

77-6

 

 

最新情報

アーカイブ

活動リスト

ページトップへ