仮設食堂「よってったんせぇ」「めぐ海」工房ご訪問

投稿日:2013年6月8日 投稿者:sot

ソウルオブ東北

仮設食堂「よってたんせぇ」マリンマザーズ吉里吉里「めぐ海(めぐみ)」工房ご訪問

2013.6.8

 

ソウルオブ東北は株式会社アッシュ・セー・クレアシオンより東北の食文化の支援に共感していただき様々な形で寄付をしていただいております。

今年はその一部より、仮設食堂「よってったんせぇ」さんにはフライヤーとミキサーを、めぐ海工房さんには南部鉄器プレートの厨房機器をそれぞれご支援させていただきました。それらが、今どのようにみなさんに利用されているかお話しを伺いました。

 

 

552eb4aed1593e952e7a12c7b8a0e9e11

 

 

 

まず最初に伺ったのは生活研究グループ「マリンマザーズ吉里吉里」が立ち上げた仮設食堂「よってったんせぇ」さんです。

震災前はワカメや帆立の加工品製造販売をしていたそうですが、津波で流出。水産加工から、食堂に業態を変更し大槌町第1位号店としてオープン。代表者の芳賀さんが元気な笑顔で出迎えてくださいました。

中に入ると早速みなさんで「わかめかりんとう」を揚げて下さいました。まずロール状の塊の生地を5ミリ程度にスライスします。次に麺棒で3ミリくらいの厚さまで伸ばします。かぼちゃの生地にわかめの緑色が混ざっていてきれいな色です。平たい楕円型のかりんとうは大槌町の辺りでは見慣れた形状なのだそうです。

 

いよいよフライヤーの出番です。低温でじっくり揚げていきます。以前はフライパンで揚げており、なかなか量が揚げられなかったけれど、フライヤーがある事である程度量を揚げる事が出来るため、1週間揚げて、1週間休むなど、ローテーションが組めるようになったそうです。

また、ミキサーを使う前は生地を手捏ねしていましたが、ミキサーを使うと5分で倍の量の生地を捏ねる事が出来るため、体力的にも楽になったとの事です。ミキサーでの生地の堅さの調整が今後の課題だそうです。

揚げ上がった無添加のわかめかりんとうはしっかりした硬さとやさしい甘味で子供達のおやつにはぴったりです。「仮設住宅の中で過ごすよりうんといいの」と皆さん元気に頑張っていらっしゃいました。

 

 

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b

次に伺ったのは、「めぐ海」工房さんです。加工部長の村上さんにお話を伺いました。「めぐ海」工房さんはオープンして4ヶ月後に被災されたそうです。

落ち込んでいた村上さんには組合長さんの「農民はこんなときだからこそ頑張らないと」

という言葉に励まされ、被災後はすぐに、仲間を集め再開されました。

また、被災後3ヶ月後には、農業大学の方と共に田植えをし、自分達で作った米粉をおやきの皮に採用したそうです。

すぐに固くなってしまう米粉でのおやきの皮作りは試行錯誤の連続だったそうです。

ご支援させていただいた南部鉄器のプレートでは、わかめやかぼちゃなど6種類のおやきを1日200個~多いときでは800個の焼いているそうです。もっちりとした皮とわかめの相性が抜群でした。

最後に村上さんは「今はご支援でやっていますが近いうちに、私達の実力が試されるときがくる、初心を忘れずにやっていきたいです」とお話しくださいました。

 

ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb4211

美味しい韓国料理 お食事会 |活動レポート

投稿日:2012年5月13日 投稿者:sot

ソウル オブ ジャパン

韓国代表チーム SURA 来日       2012.5.13

韓国の有名シェフが、南三陸町のエムズ食堂にやってきました。

韓国の代表的な家庭料理、ビビンバと海鮮チヂミを用意し、現地の方々と交流されました。SOTシェフがお手伝いをしました。

[チームSURAは韓国の「薬食同源」の知恵を基に新しい料理の風雅さを、世界舞台に温かい感動と共に紹介していく活動をするシェフチーム。今回はその中から5名が来日。]

 

 

■開催概要

 

1.開催名称   美味しい韓国料理 お食事会

 

2.開催日時   2012年5月13日(日曜日)

 

3.開催場所   南三陸エムズ食堂

 

4.主催     ソウル オブ ジャパン

 

5.協賛     キッコーマン株式会社

 

6.実施内容   食事会

 

 

02

01

03
04
ƒ`[ƒ€ƒRƒŠƒA

”Smile for TOHOKU-from ASHIYA-”プロジェクト

投稿日:2012年4月1日 投稿者:sot

アンリ・シャルパンティエ

フィナンシェ1個分が支援に         2012.4.1〜

 

■“Smile for TOHOKU-from ASHIYA-”プロジェクトから支援をいただくことに

 

 

sumileforTOHOKU1

 

d900555b6a0ac6f328f10f243a007481

 

4/1より1年間、株式会社アッシュ・セー・クレアシオンの代表的ブランド、アンリ・シャルパンティエから「“Smile for TOHOKU-from ASHIYA-”プロジェクト」として特別仕様品〈スマイルフォー東北 – フロム芦屋〉が発売されます。

創業1969年、兵庫県芦屋市に本店を構えるアンリ・シャルパンティエは、阪神淡路大震災で店舖と工場に大きな被害を受けましたが、多くの方の協力を得て、早期再開を果たせました。その際、被災者の方々がいかにお菓子のある生活を待ち望んでいたか、またいかにお菓子が笑顔と幸せを与える力を持っているかを、あらためて感じたそうです。

昨年の大災害から復興に向けて励んでこられた一年を越えたいま、東北の方々にもお菓子を通してお手伝いをしたいとの想いから、特別仕様品〈スマイルフォー東北 – フロム芦屋〉を販売して、東北地方に笑顔をお届けするプロジェクトを発足されました。

 

そして食を通して東北の食文化を支援する当プロジェクトに共感していただき、その商品の売上金の一部をソウル オブ 東北に寄付していただくことになりました。

通常24個入りの商品の1個分を減らした形で販売し、お客様の一個分の気持ちとアンリ・シャルパンティエからはその募金総額と同額をいただくという仕組みです。

 

企画いただいたことに感謝すると共に適切に使わせていただく所存です。

なお使途に関しましては支援のページにて公開いたします。

 

 

 

■概要

 

1.企画名称    “Smile for TOHOKU-from ASHIYA-”プロジェクト

 

2.販売日時    2012年4月1日 ~2013年3月31日

 

3.販売場所    アンリ・シャルパンティエ全国72店舗、通信販売

 

4.仕様      フィナンシェ 15個 マドレーヌ 8個

税込 3,150円(本体価格 : 3,000円)

特定原材料等 : 小麦・卵・乳/お酒使用

 

5.企画      株式会社アッシュ・セー・クレアシオン

 

※予告無く仕様変更、販売終了することがございます。

 

 

9edd9182853464ecdc10617e3910eabd

 

詳しくはこちら→http://www.henri-charpentier.com/news/120301/

 

 

最新情報

アーカイブ

活動リスト

ページトップへ