おむすび73 熊谷喜八シェフ

投稿日:2015年7月24日 投稿者:sot

 

 

第73回 熊谷喜八シェフ 表

 

 

ソウル オブ 東北

レストランおむすび開催(第73回チームおむすび)    2015.7.19

 

チームおむすびは新しい活動「レストランおむすび」を7月19日田野畑村黎明台団地で行いました。

 

■開催概要

 

1.開催日時:7月19日(日)

 

2.開催場所:田野畑村黎明台団地

 

3.メニュー:まくろと細切りいかのコーリャン風、玉ねぎのヴィシソワーズ、鴨胸肉のポワレ・ネギソース、コーンピラフ、スイカとココナッツのゼリー

 

4.講師:熊谷喜八シェフ、伊藤勝康シェフ

 

5.主催:ソウルオブ東北

 

6.協賛:キッコーマン株式会社

 

 

今まで、チームおむすびとして仮設住宅に伺い料理教室を開催してきました。

最近はやっと公営住宅が完成も見られるようになり、仮設住宅の解体や、仮設住宅に残らなければならない人、仮設住宅を自力再建や公営住宅への転居で出ていく人、少しずつ動き出しているのを感じます。

私たちも復興の段階に合わせた活動をしたいと考え、チームおむすびの新しい方法を模索し、今回「レストランおむすび」を開催する運びとなりました。

「レストランおむすび」とは仮設住宅内だけのコミュニティを作るのではなく、地域の方にも一緒に参加してもらい、地域とのコミュニティも作っていくのが狙いです。

一番最初の活動場所として、岩手県田野畑村黎明台団地で行うことにしました。

黎明台団地は、自力再建した家と復興公営住宅が並ぶ新興住宅地です。

まだ出来上がったばかりで住民の方のコミュニティはまだ薄いところでした。

 

今回の講師はソウルオブ東北の理事熊谷喜八シェフにお願いしたところ、同じく理事の伊藤勝康シェフも手伝いを申し出てくださり、豪華なメンバーがそろいました。

 

 

73-4

 

 

 

メニューは熊谷シェフが田野畑食材を使った多国籍料理を考案してさいました。

韓国風のドレッシングが美味しい「まぐろと細切りイカのコーリャン風」、暑い夏にぴったりな「玉ねぎのヴィシソワーズ」、田野畑村特産の岩手がもを使った「鴨胸肉のポワレ ねぎソース」、とうもろこしの甘さがひきたつ「コーンピラフ」、見た目にも鮮やかな「スイカとココナッツのゼリー」、以上5種を作りました。

 

 

18

 

 

 

今回はレストランを地域のみんなで作り上げようという企画だったので、会場準備も参加者の方にお願いしました。テーブルに飾る花を摘んだり、カトラリー置きを紙で折ったり手作りならではの工夫をこらしました。

 

 

73-1

 

 

 

全員が必ず何かに携われるように、得意なことを活かして仕事をします。

 

 

73-2

 

 

 

料理組、会場組どちらの方も協力的でなんと予定していた時間より1時間早く食べ始めることができました。

席順は役場の佐々木さんが上手に割り振ってくださいました。

全員が席に着くと、料理が配られます。

「美味しい!」と皆さん感激していました。

 

 

11

 

 

 

食事の後はこれも田野畑村特産の黒文字茶が配られます。

普段つまようじなどに使う黒文字をお茶にしたものです。さっぱりした味で香りがあります。

更に地元の歴史、文化も楽しんでもらおうと弥吾兵太鼓、三閉一揆の講話のステージ発表もありました。

 

 

73-3

 

 

 

閉会式では熊谷シェフ、伊藤シェフへの質疑応答の時間がありました。

「地球が爆発する前日は何を食べる?」という質問に熊谷シェフは「その時なにを食べるかは分からない。お腹がいっぱいだったら特に食べない」と意外な回答をし、伊藤シェフは「昔おばあちゃんが作ってくれた親子丼」と答えるなど集まった方々と会話を楽しんでいました。

 

 

73-5

 

 

 

田野畑村では今後もう一つ公営住宅団地ができあがります。

今度はぜひそちらにも来てほしいと依頼を受けました。

今回は初めてのレストランおむすびでしたが、田野畑村のおいしい食材と優しい人柄によって無事に終えることができました。

会場準備から全部参加していただくことで、田野畑村らしい、田野畑村でなくてはできない会となりました。

 

 

田老漁協・キリン絆プロジェクト報告会

投稿日:2015年6月18日 投稿者:sot

5月28日、昨年の6月から始まった田老漁協真崎わかめブランディングの報告会がありました。

真崎わかめとは何かから、どんな商品を開発して売っていくのかというところまで今までの一年の成果を見せました。

真崎わかめの認知度を上げるため、PRツールを開拓、メディア掲載、イベント開催を行ってきました。

また、今回開発した商品は10種以上になりました。

他にもパッケージの一新など、真崎わかめの魅力を伝えるためのブランディングをしてきました。

 

 

もし、真崎わかめが売っているのを見ましたらぜひ、実際に買って食べてみてください。

わかめのおいしさを改めて感じられるかと思います。

 

 

150523田老パワポ4-06

こちらの活動はキリン株式会社様からの支援のもと運営されています。

 

田老のポスターが出来ました

投稿日:2015年6月15日 投稿者:sot

わかめポスター田老のポスターが出来ました!コピーは「親潮の恵み 漁師の誇り」。真崎わかめは、寒流の親潮とわかめを愛する漁師が育てているのです。先日撮影した日の出のわかめ漁の写真を使いました。田老一の漁師二人組が、日の出を背にわかめを刈り取る姿はまさにプロ中のプロ。寸分の無駄もないナイフ捌き、見事な職人技が海の上で力強く光っています。もう一枚は、田老の海を見つめる田老の法被を着た漁師。肩にはわかめの束を抱えています。ずしりと重い真崎わかめを軽々と肩に背負い、遠く水平線を見つめている姿です。漁師の誇りとは、この海を大切に守りともに生きていることだと背中が語っているようです。

最新情報

アーカイブ

活動リスト

ページトップへ