食育教室 釜石市立白山小学校

投稿日:2015年3月2日 投稿者:sot

 

ソウル オブ 東北

釜石市立白山小学校食育教室   2015.2.17

 

今回の食育教室は釜石市立白山小学校へお伺いしました。

講師にはTV番組のアイアンシェフにも出演経験のある伊藤勝康シェフをお迎えしました。

 

■開催概要

 

1.開催日時:2月17日(火)13:50~15:30

2.開催場所:釜石市立白山小学校

3.対象:白山小学校 5,6年生

3.メニュー:「三陸帆立貝柱ソテーとわかめソース」「鮭とポテトにミルク煮」「イサダのリゾット 帆立風味」

4.講師:伊藤勝康シェフ

5.主催:ソウルオブ東北

6.協賛:株式会社シュゼット様

7.後援:岩手県教育委員会

 

 

当日は朝から津波注意報が出たり、食育教室開催直前に青森で震度5強を観測した地震が起きたり、緊張感が張り詰めるシーンが何度かありましたが、子供たちの冷静な対応に大人のこちらが終始感心しきりでした。

 

家庭科の単元「家族でアットホーム」という授業の一環で食育教室を行いました。

今日の体験を家族の方に話すことで家族の団欒を生むねらいがありました。

 

hakusan-01

 

 

今回は子供達に料理の前段階にも参加してもらいました。

鍋が必要なときは自分達で取りに行かせる、帆立の殻むきからさせる、などです。

帆立の殻剥きは全員が必ず参加しました。

殻むきをしていない子供たちは野菜を洗い、少ない時間で3品つくるための動きを心掛けていました。

 

 

hakusan-02

 

 

殻むきが終わったところから野菜を切っていきます。

カブを六等分というシェフの子供に四苦八苦しながら切りました。

結果、さまざまな六等分が生まれました。

 

鮭の切り身も半分に切ります。

野菜は力ずくでも切れましたが、魚は包丁を下に下ろすだけでは切れません。

シェフに包丁は引きながら切って使うことを教えてもらいました。

 

hakusan-03

 

 

切った野菜や材料はそれぞれ牛乳で煮込んだり、フライパンで焼いていきました。

教室の前ではシェフが南部鉄器を使って全員の分のカブをグリルしてくださいました。

南部鉄器を使うと素材に一気に熱が入るので、美味しさを閉じ込めることができます。

 

hakusan-04

 

 

調理した料理をお皿にそれぞれ盛り付けます。

伊藤シェフのお手本を見ながら盛り付けをしていきます。

全員に均等に量が行き渡るようにしました。

 

自分達で作った料理は、大満足の美味しさでした。

実は使った調味料はほとんど塩のみ!

その塩は「宮古の塩」を使いました。

 

食事中、シェフが地元三陸の食材の良さを子供達に教えてくれました。

三陸では300種類の魚が獲れます。

世界中を見てもこれほど多種が獲れる漁場はそうないそうです。

そして三陸に集まった魚が食べるイサダ(沖アミの一種)が栄養満点で、このイサダが三陸の魚を美味しくするといっても過言ではありません。

今回はそのイサダをリゾットに入れました。

 

hakusan-05

 

 

自分の生まれ育った町を大切にしてほしいという願いからホタテの殻むきをこどもたちにさせました。

港町の釜石なのだから何人かは経験者がいるだろうというのが私たちの考えでしたが、実際誰も帆立の殻をむいたことないということでした。

以前は、家族が総出で手伝った漁も、後を継ぐ人が少なくなりました。

流通システムが発展し、私たちの生活が楽になりましたが失っていく文化もあります。

食育教室を通じて、地域の文化性も取り戻していきたいと感じました。

 

 

食育教室 山田町立大浦小学校

投稿日:2015年1月14日 投稿者:sot

 

ソウル オブ 東北

山田町立大浦小学校食育教室   2014.12.9

食育教室では初の沿岸部となる大浦小学校へと向かいました。

山田町の南に位置し、船越半島の中間にある大浦小学校周辺では昔から漁業が盛んな地域で、たくさんの魚介が獲れます。

 

■開催概要

 

1.開催日時:12月9日(火)11:00~14:00

2.開催場所:山田町立大浦小学校

3.対象:大浦小学校4,5,6年生

3.メニュー:「旬のお料理 ア・ラ・カルト」

4.講師:レストランあさひや 原田良一シェフ

アシスタント:赤松寛子さん

5.主催:ソウルオブ東北

6.協賛:株式会社シュゼット様

7.後援:岩手県教育委員会

 

食育教室に参加したのは4,5,6年生でしたが、今回は全学年分の給食を作りました。

給食なので時間厳守が大前提でしたが、生徒たちが大奮闘してくれました。

 

作った料理は「鮭のフライ・タルタルソース レストランあさひやのポテトサラダ添え」「みんなが大好きハンバーグステーキ スパゲッティ添え」「お魚のエスカベッシュ風」「チャウダースープ 山田風」「海の幸のおいしいご飯」「シェフの特製プリン りんごのコンポート」と、豪華な献立です。

鮭のフライの鮭は、山田漁港から学校に直接納品してもらった新鮮なものです。6年生は新巻鮭を作ったことがあるそうで、鮭に詳しく、シェフからの質問に次々に答えていました。

一通りの説明が終わると、料理にとりかかります。

自分達の作業が終わったらすぐにシェフを呼んで新しい仕事をもらうので、一つの料理にこだわらず、それぞれの料理を作りました。

 

大浦-1

 

捌いてアラだけになった鮭を茹で、身をほぐしやすくし、食べれるところは一つ残らず使いました。

「捨てるところはない」と食材を大事にする心を育てます。

一見退屈な作業のように見えますが、子供たちは楽しそうに身をとっていました。

 

大浦-2

 

1人ひとりが、それぞれの仕事を責任をもって進めます。

スープ担当になったSくんは、みんなの分のスープを焦がさないように一人でずっとかき混ぜてくれました。

ただかき混ぜているだけの仕事のように感じるかもしれなくても、美味しいスープをみんなが楽しむことが出来たのはSくんがいたからです。

料理を通して仕事への取り組みについても原田シェフは教えてくれました。

 

大浦-3

 

料理が完成すると、50人分の給食を盛り付けます。

この時点で時間が少し押していたので、生徒たちは急ピッチで動きました。

 

大浦-5

 

 

作った給食は、ホールに集まって全校生徒全員で食べました。

上級生は自分が作った料理を下級生に喜んで食べてもらって誇らしげでした。

食べている最中に乳歯が抜けてしまった子もいましたが、それでも元気よく食べていました。

 

大浦-6

 

食材を大切にする気持ち、作った人への感謝の気持ちが増すと味も変わるようです。

料理を通して、命の尊さ、仕事観などたくさんのことを今回も学ぶことができました。

 

 

次回の食育教室は、年をまたいで2月です。

食育教室 一関市立南小学校

投稿日:2014年11月11日 投稿者:sot

 

ソウル オブ 東北

一関市立南小学校食育教室   2014.11.11

ソウルオブ東北では平成26年度から、盛岡のロカーレ・アーシャ駒場利行シェフと共に岩手県内で食育教室を行っています。

今回の会場は一関駅からほど近い南小学校です。

対象が80名近いということで、お隣の千厩町からレストランあさひやの原田シェフが応援に駆け付けてくださりました。

 

■開催概要

 

1.開催日時:11月11日(火)11:00~14:00

2.開催場所:一関市立南小学校

3.対象:一関市立南小学校4年生 78名  教職員11名

3.メニュー:鮭のチャンチャン焼きリゾット

4.講師:ロカーレ・アーシャ 駒場利行シェフ

5.主催:ソウルオブ東北

6.協賛:株式会社シュゼット様

7.後援:岩手県教育委員会

 

今年度からはじまった食育教室は岩手県内の小中学校をまわり、ロカーレ・アーシャの駒場利行シェフが「食」を通して、農業や漁業、畜産業といった生産者の大切さや、職業観を子供たちに教えています。

 

今回は一関駅からほど近い一関市立南小学校にお邪魔しました。

対象は4年生で、4年生は現在総合的な学習の時間の授業で「食」をテーマに学んでいるそうです。

 

今回のメニューは11月11日の鮭の日にちなんで鮭のチャンチャン焼きリゾットを作りました。

チャンチャン焼きは北海道の郷土料理として有名ですが、岩手県内の沿岸部でも昔から食べられてきた料理です。

 

食育教室が始まると、最初に駒場シェフが全員の前でデモンストレーションで実際に料理を作り、その後にアシスタントに駆け付けてくださった原田良一シェフが生徒の前で今朝獲ってきたという鮭を捌いて見せてくださいました。

実際に鮭が捌かれるところを見たことで子供たちは料理を行う実感を感じていました。

 

南-1

 

 

まだ4年生は調理実習をしたことがないので、今回はあらかじめ野菜などを切り分けておきました。

 

最初にさっき解体されるのを見た鮭をフライパンで焼きます。

ちょっと焼き目が付いたら取り出し、フライパンにじゃが芋、鮭、玉ねぎ、キャベツ、ピーマンの順に重ねて蒸し焼きにします。

慣れない料理に四苦八苦していた子供達もやっとここで一息つくことができました。

 

南-2

 

原田シェフの教室ではこのとき、体に良い食材の覚え方を教えていました。

「まごはやさしい」が合言葉です。

ま・・・豆類

ご・・・ごま

は・・・わかめ

やさ・・・野菜

しい・・・しいたけなどのきのこ類

この食材を食べれば頭が良くなると、原田シェフのお墨付きです。

 

南-3

 

食材に火が通ったら味噌だれを入れて更に蓋をして少し置き、バターを上に置きます。

ちゃんちゃん焼が完成するとリゾット作りに取り掛かります。

ブイヨン、生クリーム、味噌を混ぜて火にかけ、沸騰したらご飯を入れます。

塩、胡椒で味を調え、チーズを入れて完成したのですが、子供たちはイタリア料理であるリゾットに味噌を入れることに不思議がっていました。

塩、胡椒の量はちょっとずつ味をみながら足していきます。

「料理は足し算。引き算ができない。」というシェフの言葉をしっかり守っていました。

 

南-4

 

 

料理が完成すると、駒場シェフからご褒美のチーズケーキが待っていました。

イタリアカラーの赤と緑の2色のソースもかけてあり、見た目にも鮮やかです。

出来上がった料理を1人1人の分を盛り付けて食事をしました。

リゾットに入れた味噌に不信感をいだいていた生徒も食べてみたら味がしっかりまとまっていることに驚いていました。

 

いつもはあまり食に興味を持たない子供が多いという事でしたが、今日の子供達はたくさん食べます。

生徒の普段との食欲の差に先生方も喜んでいました。

自分達で作ったということが料理を更に美味しくさせたようです。

 

南-5

 

 

食事が終わると、ホールへ移動しシェフお二人から、今後の岩手県を担っていく存在になってほしいという話をしました。

その後、質疑応答の時間がありました。

「料理人をしていて嬉しいとき」という質問から「月の給料はいくらか」と具体的な質問まで、子供たちの言葉の一つ一つにシェフが答えていました。

 

南-6

 

 

食育教室終了後、子供達から寄せられた感想には、「食べ物にあまり興味がなかったけれど、みんなで作って食べた料理は美味しかった」「食材の大切さが分かって、これからは残さずに食べたい」というものがありました。

当たり前に出てくる料理にも、食材を作る人がいて、それを料理する人がいるということを学んだ様子でした。

 

 

最新情報

アーカイブ

活動リスト

ページトップへ